PANTS COLLECTION
2019.05.03
  • PANTS COLLECTION
UNITEDTOKYOのパンツをシルエット別でご紹介

1、スキニータイプ


スキニータイプ
―シルエット― スキニー(skinny)とは、痩せている、骨と皮という意味があります。 スキニーパンツは体のラインにピッタリとフィットしたデザインのパンツ。様々なパンツシルエットの中で最も細いシルエットです。スキニーパンツのシルエットはスタイリング全体を引き締める効果があり、スタイリング全体の雰囲気を上品に大人な雰囲気にしてくれます。 ―オススメスタイリング― トップスは少しゆとりのあるデザインのものを合わせると、バランスを取りやすくなります。 トレンドのオーバーサイズシルエットのTOPSとの相性は抜群です。 足元もあまりボリュームのあるシューズは避けてすっきりしたシューズを合わせるのがオススメです。



UNITED TOKYOがオススメするスキニーパンツ

①テーパードスキニー

―オススメポイント― UNITED TOKYOのパンツの中でも最も細身のモデルの一つです。 またパンツ人気ランキングTOP3に君臨する圧倒的な人気パンツです。ストレッチが程よく効いているので抜群の着心地の良さを実感していただけます。ポケット位置とテーパード具合によって絶妙の脚長効果を生み出しています。
②モーションフィットデニムパンツ

―オススメポイント― ウエストゴムの楽な仕様ながら、素材の伸縮性を活かしたタイトシルエットのパンツです。股部にマチを付けて抜け感と動き易さを、股下も短めのジャストな丈感に仕上げました。アクセントにウエストにフェイクレザーコードとピスポケットにウォッシャブルレザーパッチ(ロゴ印字)を付けました。
③スーパーストレッチスキニーデニム

―オススメポイント― 素材は非常に伸縮するものを使用し動きやすさに拘りました。 子供っぽくならないように細心の注意をしながら調整したラインは、着姿の綺麗さを実感して頂ける仕上がりに。股上を深く取り、ストレッチが効いているので細身のシルエットですが動きやすさも実現しています。バックポケットとヨークの位置を高めに設定することで脚長効果を生み出しています。

<他のスキニー(スリム)パンツはこちら>

2、テーパードタイプ


テーパードタイプ
―シルエット― 裾に向かってシェイプされたシルエットのパンツを指します。 スリムパンツは太もも部分も細くシェイプされていますが、テーパードパンツの場合はやや太ももの周りにゆとりがあるのが特徴です。 またテーパードパンツは、太もも部分がゆったりとしていますが足首まわりは細めに作られているので、足の太さをデザインによりカバーすることができます。更に脚長効果もありスタイルアップして見せてくれます。 テーパードパンツは、太もも部分がゆったりめに作られているので、下半身ががっしりしていてパンツスタイルが似合わないという方でも、着こなしやすいシルエットになっています。スポーツをやってて太ももの筋肉が気になる方、細身のパンツスタイルに抵抗があるという方にもオススメのパンツです。 ―オススメスタイリング― 基本的にどんなスタイリングにもピッタリ合うのがこのパンツの特徴です。 材感にも拠りますが、綺麗めな印象を与えてくれるものが多いのでスタイリングはキレイめにまとめるのをオススメします。TOPSはジャケットやシャツと合わせると〇

UNITED TOKYOがオススメするテーパードパンツ

①アンクルジャージーワイドパンツ

―オススメポイント― サラッとした履き心地でこれからの季節にぴったりの一本。 ジャージー素材を使用したスラックスでしっかりとしたハリ感とドライなタッチが特徴です。センタープレス入りでダブル仕上げのスラックス仕様のパターンなので革靴との相性はもちろん、素材のカジュアルさを活かしてスニーカーやサンダルなどスポーティなアイテムとのスタイリングにも使える汎用性の高い一本です。
②ボタニカルフラワーパンツ

―オススメポイント― 数量限定のレアアイテム。 肉感があり、光沢感もあるポリエステルサテン地を使用した今季イチオシの柄パンツ。ぼやけた印象のボタニカル・フラワーにランダムなアウトラインを付けたUNITED TOKYOオリジナル柄です。サイドに別生地でライン状に切り替えにしているのがデザインポイント。
③ツイルバルーンパンツ

―オススメポイント― ゆとりがあり履き心地抜群ですが脚が長くて細く見えるパンツ。 張りと光沢感のあるポリエステルツイル素材。 これは作業着などにも採用される、頑丈で軽く取扱いも楽な素材です。素材の張りを活かした風船の様な丸みのあるシルエット。 ヒップ・ワタリに分量を持ちながら、裾幅は細くスッキリ見えるバランスが特徴。

<他のテーパードパンツはこちら>

3、ワイドタイプ


ワイドタイプ
―シルエット― 裾幅が広く腿周りにもゆとりのあるパンツ。その為、シルエットはルーズでゆったりとしています。シルエットによって否応なしにカジュアルなイメージが際立ちます。そこで、色は落ち着きのあるスタンダードなカラーを選んでバランスを整えることがオススメです。また素材感も落ち着きのあるものを選べば大人な雰囲気を演出することも可能です。 ―オススメスタイリング― ワイドパンツは、生地面積の広さからボリューム感が出るのが特徴です。トップスも同じようなボリューム感で揃えてしまうと野暮ったい印象となる為、TOPSはジャストからややタイトめなアイテムを合わせてコンパクトにまとめるのが〇上下でカラーにコントラストをつければパンツの新鮮なシルエットも際立つのでオススメです。

UNITED TOKYOがオススメするワイドパンツ

①リジットワンタックデニムワイドパンツ

―オススメポイント― 素材には通常のデニムよりも色落ちがし難く、リジット感を長く楽しめるデニムを使用。 キックバックに優れたストレッチ性があり着心地と美しいシルエット、高級感が共存した素材で、日本国内はもちろんヨーロッパのラグジュアリーブランドでも毎シーズン定番として使用されています。 また、縫製面でも、技術力の高さからパリ・コレクションに参加する名だたるブランドの縫製を担う広島県のデニム専門の縫製工場に依頼しています。
②リボーン加工2タックワイドパンツ

―オススメポイント― 強撚糸のT/W素材を使用した極太スラックス。 表地はウールとポリエステルの糸を混紡して強く撚る事でナチュラルストレッチが有り、シワになりにくい素材になっています。 さらに生地に張りを出すRe・Born加工を施し、形態安定性にも優れています。中肉の厚さでオールシーズン着用頂ける素材感です。 大きめにとったタックは太いパンツの全体を引き締め、かつ運動量も確保しています。センタープレス入りでワイドパンツながら脚長効果も○ ウエストにはサイズアジャスト用のタブが付いているので、ベルトレスでもご着用いただけます。
③2タックワイドアンクルパンツ

―オススメポイント― 2WAYストレッチの二重織ポリエステルレーヨン素材を使用。こちらは肉感があり、落ち感とフォルムが出るのが特徴です。 肌触りがサラサラとしており履き心地は抜群。手洗い可能なのも嬉しいポイント。

<他のワイドパンツはこちら>