William Halstead モヘアスーツ

H186 C84 W77 H86 着用サイズ3

400259002

William Halstead モヘアスーツ

¥110,000税込
1000ポイント付与

COLOR

BLACK
BLACK
1
2
3
  • DETAIL

  • SIZE

  • MENS COLLENCTION LINE

    ◆素材

    1875年にイギリスで創業されたWilliam Halstead&CO(Dubey Hill)Ltd.【ウィリアムハルステッド】の生地を使用。
    1960年代に高い人気を誇ったモヘア生地を採用しています。 厳選された南アフリカ・ケープタウン産の原毛を使用したFFM社製(フランス)のモヘアを横糸に使い、グローバルウーステッド社(イギリス)の18.5のスーパーファインメリノウールの70番手を縦糸に使用し、織機の速度を60%まで落とし、糸切れの無いよう丁寧に時間をかけて織り上げられた最高級モヘア生地。
    更に国内で加工を施しバブリング等の防止と防汚効果を持たせた機能的なスーツ生地です。

    ◆デザイン

    栃木県の「那須夢工房」で裁断・縫製した一着。
    世界最高峰の生地と技術を結集させたエクスクルーシブなアイテムです。
    国内最高峰の技術を誇る工房で作りだされるアイテムの特長は4つ。

    1 前肩
    後身頃の肩イセ分量を多く入れることで肩を前にまわします。
    これにより肩の前側に空間が生まれ、腕を動かした時に肩が身頃に当たらず動きやすい服になります。

    2 棒衿
    棒衿とは一般的なカマ衿と比べて首に吸い付くように設計された衿のことで、縫製処理には通常の2倍の手間が掛かります。
    衿が首に吸い付きネックに重心が掛かる為、肩に服の重さがのらずとても軽い着心地になります。

    3 フロントエッジ
    薄く柔らかいシャープなフロントエッジをつくる為に、表地と毛芯を付き合わせになるよう設計しています。
    これによりすっきりとした印象のスーツに仕上がります。

    4 釦ホール
    ボタンホールにはメスを入れてから穴をかがる「先メス」と穴をかがってからメスを入れる「後メス」があります。
    「先メス」には先にメスを入れかがる為、口が開いたようなボタンホールになってしまいます。
    それに比べ、「後メス」は穴をかがった跡にメスを入れる為、全体的に細く、目が揃ったボタンホールに仕上がります。

    THE TOKYO CONTEMPORARY

    日本の伝統的な技術をベースに、東京の研ぎ澄まされた感性で創り上げる。
    新たな、TOKYO CONTEMPORARY BRAND。
    ベーシックでありながらも、時代や文化の垣根を越えて調和された装い。
    純度の高いジャパンクオリティーが紡ぐ、機能性と着心地。
    言わば、TOKYOの今を凝縮したスタイル。
    ALL MADE IN JAPAN
    この価値は、真似できない。
    さぁ。日本が誇る、TOKYOの最先端を。
  • 表記(cm)

     
    ジャケット 着丈 肩幅 身幅 袖丈
    17142.85161
    27344.45363
    375465565
     
    ボトムス ウエスト ヒップ 股上 股下
    1799922.578
    2831032380
    38910923.782

    model:H178 B80 W69 H87 着用サイズ2

素材:

表地:ウール75% モヘヤ25% 裏地:キュプラ100%