• カテゴリーなし
  • ARCHIVES
UT1014PC

 

モノ作りに拘り、高バリューを提供し続けることを信念としているUNITED TOKYO。

今まで語り尽くせていなかった拘りを数回に渡り様々な製品に焦点を当ててご紹介していきます。

第二回は、UNITED TOKYOで多くのアイテムに使われているレイヤー素材。

レイヤー素材とはなんなのか、どういった機能があるのかUNITED TOKYOならではの拘りをぜひご覧ください。

 

■レイヤー=層

レイヤー(layer)とは層、階層を意味する英語です。衣料品では一般的に異なる素材を重ね、機能性をもたせた生地に使われます。

二枚重ねるとツーレイヤー、三枚重ねるとスリーレイヤーといった具合です。

 

1013_UT_w_ブツ0119

 

 

■何のために?

 

レイヤー素材は異なる素材を貼り合わせて(ボンディング)作られます。これは素材それぞれが持つ特性を併せ複合的な機能を持たせるために行われます。

薄い素材でも保温性を高めたり、柔らかい表地でも裏地や芯地を入れずに仕立てが安定し軽い仕上がりにできたりというメリットを生みだします。

 

 

 

■日本でしか加工できない最先端技術

UNITED TOKYOのレイヤー素材は、表側に使われる素材はアイテムによって様々ですが、中間層に厚さ6ミクロンの極薄高透湿ウレタンフィルムを挟み、裏側に7デニールの超極細糸を使用したトリコットを張っています。高透湿ウレタンフイルムを貼ることで、水蒸気〈汗)を通し蒸れず、防風効果をも持たせることで衣服内に冷風を防ぐことを可能としました。

これによってハリ感は保つつ軽量な製品に仕上がっています。さらに表側に超撥水加工をかけており、これは日本のみで可能な最先端技術です。

 

3レイヤー2

 

この加工は1962年創業の株式会社サカイナゴヤで加工されています。

トレンチコートで有名なイギリスのブランドでも日本以外では安定した品質にならないため、素材をこのサカイナゴヤで加工しています。

通常ボンディング加工をするとゴワゴワしてしまい、シワがつきやすく取れ難いという欠点が有りました。

この素材は非常にソフトな風合いに仕上げており、シワにもなり難くなっています。

また、ストレッチ性を損なうこと無く加工できるので着心地も抜群です。

 

IMG_1720

 

 

■UNITED TOKYOのスリーレイヤー使用アイテム

 

3reiya-

 

スリーレイヤーギャバステンコート 【406355001】 
スリーレイヤーラグラントレンチコート 【406355003】 


高密度に糸を打ち込んだ20のバーバリー素材を、ヨコ糸にポリウレタン糸を入れる事により綾立ちの良い綺麗な表情、光沢感がありながら、ストレッチが効いており、着用時に快適性があります。シルエットはフレア分を大きく出したAラインで取り回しのし易い膝上丈。無駄を省きシンプルかつON、OFFどちらも使えるように仕上げている為、カジュアルなスタイルでもドレッシーなシーンでも問題なくご利用いただけます。秋〜春の3シーズン着用頂ける汎用性も高い魅力です。

 

 

名称未設定 1

 

スリーレイヤースウィングトップ 【406355001】
スリーレイヤーマウンテンパーカー 【406355003】 

ポリエステルとレーヨンをハイツイスト加工で強力に撚りをかけ、しっかりと打込みを かけることにより、生地をにぎった時にハイドラフト(のび感)、ハリ、コシを体感出来ます。 ツイスト加工により、きめ細やかな綾織りの表情を持たせることを可能としました。
また2WAYストレッチを表現するために、デュポン社が開発した[LYCRA®]を使用しました。
LYCRA®ファイバーは優れたストレッチ性と回復力を持ち、動きやすさが向上し、形状保持性を持たせることが出来ます。
染色、仕上げは、日本を代表する愛知県の尾州産地にある、老舗染工場で染色、整理をしています。 合繊の後染めに関しては国内ナンバーワンの染工場で、徹底した管理のなか仕上げをしています。
デザインはシンプルながらも丈感、抜け感のあるディテールと細部に拘りました。
ラグランスリーブなので肩周りのストレスを軽減し快適な着用感と動きやすい点も嬉しいポイントです。

 

 

UNITED TOKYOが今季、日本の技術を結集し作成したスリーレイヤーアイテムが今熱いです。
キーワードは『お洒落×機能性』
圧倒的機能性を兼ね備え徹底的に拘りぬいた逸品を是非肌で感じてみてください。
服に対する価値観がきっと変わるはずです。

RELATED ARTICLE関連する記事